低用量ピルが通販で購入できるところ

日本ではピルは一般薬局での販売が認められていないので、医師に処方してもらう必要があります。しかし、個人輸入通販なら購入できます。

 

 

⇒ 低用量ピルが通販で購入できるところ

 

経口避妊薬のピルのメリットとデメリット

避妊薬としてのメリット

 

性行為のときにコンドームを着けるなどの避妊手段をとる必要がないことです。ピルは正しく服用していればほぼ100%避妊できます。コンドームがたまたま破れていたとか、男性に着けてと言えなくてなどの理由で、避妊なしのセックスをして望まない妊娠をするアクシデントがなくなります。しかし、日本ではピルは一般薬局での販売が認められていません。医師に処方してもらう必要があります。未婚の女性にとっては婦人科を受診しないと処方してもらえないというのはかなりハードルが高いのでピルの自由化を訴える声は昔からあるのですが、なぜか日本ではなかなか実現しません。

 

避妊手段としてのピルのデメリット

 

コンドームのように性感染症の予防効果がないことです。そのリスクが少しでもありそうなときは、ピルを飲んでいてもコンドームをする必要があります。

 

ピルの服用による二次的なメリット

ピルの成分は女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンです。この2種類のホルモンを補うことで妊娠しているのに近いホルモンバランスを作ることで避妊できるのです。このホルモンバランスには避妊効果以外に次のような副次的効果もあります。

  • 強い生理痛をともなう月経困難症を改善する。
  • イライラや気分の落ちこみなどの月経前症候群(PMS)を改善する。
  • 生理不順を改善する
  • 生理日を前または後ろにずらすことができる
ピルの服用によるデメリット

ピルは疑似的な妊娠状態をつくる女性ホルモン剤なので、吐き気などのつわりに似た症状が出る副作用があります。しかし、最近は配合する女性ホルモンの量をできるだけ減らした「低用量ピル」が主流になって、副作用も少なくなりました。まれな副作用ですが、ピルを飲むと血栓ができやすくなることがあります。そのため1日15本以上タバコを吸う人はピルを服用することができません。タバコも血栓ができるリスクを高めるからです。また、乳がん、子宮頸がんなど婦人科系のがんがある人、あるいはその疑いがある人はピルを服用することができません。

ピルの分類

ピルとひと口にいっても、「高用量ピル」「中用量ピル」「低用量ピル」のように、いくつかに分類されます。この分類は、成分として含まれる卵胞ホルモンであるエストロゲンの量で決まります。

 

エストロゲンは、長期にわたって使用することで副作用が起こってしまう危険性があるため、使用する量が制限されています。ピルとして使用する場合は、エストロゲンの量を50μg未満にするように世界保健機関によって勧告されています。そのため、現在一般的にピルとして普及しているのは、エストロゲンの量が50μgの低用量ピルです。

 

そもそもこのエストロゲンというのは、何のために配合されているのでしょうか。ピルには「プロゲステロン」という女性ホルモンが含まれています。このプロゲステロンは単体で用いると不正出血が続くことがありますが、エストロゲンを配合するとプロゲステロンの効き目が向上し、配合する量を減らすことができるのです。

 

プロゲステロンは男性ホルモンと似た働きがあるため、たとえば体毛が濃くなってしまうなど、女性にとってはあまり嬉しくない効果をもたらします。そのため、うまく効果を導き出すために2つのホルモンのバランスをとらなければならないのです。

低用量ピルに含まれるホルモン

ホルモンの働きにより、妊娠を避ける効果がある低用量ピル。日本では海外と比べてそこまで普及していないため、低用量ピルがどういったものか正しい知識を持っている人は少ないかもしれません。

 

低用量ピルには、「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という2種類のホルモンが使われています。卵胞ホルモンは「エストロゲン」とも呼ばれ、排卵を促す働きがあります。また、美肌ホルモンともいわれ、女性らしさをサポートしてくれる働きがあります。

 

一方、黄体ホルモンは「プロゲステロン」とも呼ばれ、受精や妊娠の準備をする働きがあります。エストロゲンが用いられている量が50μg以下のものが低用量ピルと呼ばれます。

 

低用量ピルを服用すると、性腺刺激ホルモンの分泌が抑えられます。脳が体の中に女性ホルモンがあると判断するため、卵巣が休止状態になります。すると、受精することがなくなるのです。

 

低用量ピルは、正しく使えばほぼ100%の避妊効果があります。一般的な避妊方法であるコンドームでは失敗率が2〜15%あるのに対し、低用量ピルではわずか0.3%ほどしかありません。

 

また、低用量ピルのメリットとして、女性が主体的に選択できるということが挙げられます。基本的に、性に対して女性は受け身であることが多く、妊娠するかどうかという選択も、自分では選ぶことができません。しかし、低用量ピルを使うことにより妊娠するか否かを自分で選択することができるのです。

ピルが服用される理由

近年、ピルを服用している女性が多い様に思えます。その理由としては主に生理不順を正す為とか、生理痛等の症状を緩和させる為と言える様です。もちろん避妊と言う目的も有ります。避妊方法としてピルを服用する事については、安全だし避妊効果も高いと好評価の様です。

 

よく低用量ピルを処方されると聞いた事があるかもしれませんが、ピル自体には種類がたくさん有りますので、処方されたピルが体に合わないとしても別なピルが処方出来ると言うメリットが有ります。避妊と言うとどうしても女性にリスクが有りますし、男性に頼っている方が多いと思います。避妊して欲しいと男性に言えない女性も多いでしょう。そうした場合、ピルは女性側が出来る避妊方法になりますので自分の意思で避妊出来ると言う事になります。また、避妊以外で言うとピルを使う事で排卵日をコントロール出来る様になりますので、体内リズムも安定してくるようになります。そうなると大人ニキビや吹き出物等肌トラブルが軽減されると言うメリットもあるのです。

 

ピルは薬局で購入するのではなく、産婦人科や婦人科等で処方してもらう事になります。個人輸入なら低用量ピル 通販で購入することもできます。ピルを服用している間は避妊が出来て、服用を止めると妊娠が出来ると言うように妊娠自体をコントロール出来ますので、家族計画も明確に出来るようになります。妊娠を望まないので有れば、ピルの服用を避妊方法として取り入れる事も検討してみてください。万が一望まないのに妊娠してしまったら、様々な事が辛くなります。女性一人で避妊を背負う必要は有りませんが、自分の体を自分で守ると言う事はしておいた方が良いでしょう。